■豆知識情報:不動産屋が競合しているからこそ狙い目

非常に残念なことなのですが、物件探しをしてる人を狙った悪質な不動産業者が最近になって増えてきています。
中には免許も持たないで賃貸物件の紹介業をしている悪徳業者もありますので、注意が必要です。 良い賃貸物件というのはすぐに契約されてしまうものですが、中でも3月前後は非常に競争率が高くなってしまいます。
なのでこの時期には第一印象が良かった賃貸物件は早めの契約をするようにしましょう。

 

賃貸物件を複数社の不動産屋で所有するケースもありますので、不動産屋が実施をしているキャンペーンや特典を確認しておきましょう。
部屋探しする際には余裕があるようでしたら、様々なキャンペーン情報を確認してみてはいかがでしょうか?まず最初に住みたいエリアを決めることは当然ですが、その後は雑誌などで物件を調べるよりも直接不動産屋へ出向いた方が良いでしょう。
様々な賃貸物件を片っ端から当たる事で、より自分の求めている賃貸物件を見つけることが出来るでしょう。



■豆知識情報:不動産屋が競合しているからこそ狙い目ブログ:18年05月24日

名古屋からお子さんを連れ、
上野動物園に行った時のこと…

帰り道、名古屋に向かう新幹線の中で、
疲れきったわたくしたち家族はバラバラに席に着き、
グッタリ座っていた。

その日はちょうどゴールデンウイーク真っ只中。
新幹線自由席も混んでいた。

新横浜に到着するとさらに車内は混み合い、
何人かの立ち客で車内はいっぱいになった。

ひかりなので次の名古屋までは2時間近くある。
立っている人には辛い時間だ。

そんな中、立っている乗客に、
一人のおばあちゃんがいることを発見した。
年齢は70〜80歳くらい。

気にはなっていたがわたくしの席からは遠く、
すぐに声がかけられない位置。

近くの人が誰か替わってあげたらいいのに…
と他人ごとのように思いつつ、
そのままわたくしも座っていた。

するとわたくしの嫁が大きな声で、
「おばあさん、この席よかったらどうぞ」
と言って、遠くから声をかけた。
おばあさんは嫁にお礼を言い、席についた。

やがて名古屋に到着。
わたくしたち家族はそこで降りたわけだが、
そこでわたくしは嫁に聞いた。

「あんな離れた場所からよく声をかけて、席を替わってあげられたね。
わたくしも気づいていたけど、少し恥ずかしかったのと、
近くのだれかが替わってあげればいいのにと思うだけで、
なにもできなかったよ。恥ずかしくなかった?」

それを聞いた嫁は
「あなたはあのおばあちゃんが、
自分のおかあさんだったらどうしていた?
近くじゃなかったから声もかけず、席も替わらなかった?」

そして、
「きっとどこかで、
あなたの親父や母親も
同じように誰かに助けられているのよ」
と言った。

わたくしは目からウロコが落ちたと同時に、
自分のふがいなさに情けなくなった。


このページの先頭へ戻る