■豆知識情報:最も大切なのは出せる家賃の設定

これからの時代は、アパートやマンションを購入するのではなく、賃貸タイプが主流となってくることでしょう。
現在でも人気の賃貸物件を賢く探すためには、とにかく不動産屋選びが大切となってくるのです。 賃貸物件を探す時には、妥協の出来る条件と、絶対に妥協をすることが出来ない条件を区別しておきましょう。
不動産会社に行く時も条件を決めた上で行った方が、 担当の人から明確な物件を紹介してもらいやすくなります。

 

「近くにコンビニがあって、駅まで5分以内、オートロックでフローリングで…」などと理想を高くすればするほど選ぶことの出来る物件数が減ってきてしまいます。
例えば2DKで探している場合だったとしても、広めの1LDKも視野に含めるなど条件に幅を持つようにしてください。貴方が求めているパーフェクトな賃貸探しを続けてしまっては、なかなか理想の物件を見つけられなくなってしまいます。
また、当たり前のことですが好条件が重なると、それに比例して家賃もどんどんと高額になってきてしまうのでご注意ください。



■豆知識情報:最も大切なのは出せる家賃の設定ブログ:18年10月18日

「いただきます」
そう言ってあたしの食事は始まる。
これは、あたしにとって大切なことだ。

「おはよう」や「こんにちは」と同じくらい
大切な挨拶だと思う。

料理を作ってくれる人、
料理になる前の食材を作ってくれる人に向けて言う言葉でもある。

朝起きて朝食を食べ、
12時は学校でお弁当を食べ、
19時は家族そろって夕食を食べる…
これがあたしの1日の食事の基本。

特に、友達と一緒に食べるお弁当や、
家族そろって食べる夕食はとても楽しい。

おもしろい話やドラマの話、
1日にあったことなど様々な話をする。
時に、真面目な話をしたりもする。
あたしにとって食事の時間は、楽しいおしゃべりタイムだ。

毎日、いろいろな出来事があって
その話を食事の時間にする。
それがあたしの小さな幸せだ。

でも、この世界には
その幸せを感じることができない人たちがたくさんいる。
戦争などの影響で満足に食事ができない人たちがいる。

大人だけでなく、娘も戦争の犠牲になる。
父母を亡くし、孤児になっている娘たちがたくさんいる。

その娘たちは、飢えにいつも耐えながら生きている。
あたしたちのいる日本では、想像もつかない現実だ。

日本では食べ残した多くの食事が捨てられる。
24時間営業の
スーパーやコンビニで残った弁当や食パンは、
誰のクチにも入らずそのままごみ箱行きだ。
そして、また新しい食品が店頭に並ぶ…

世界のあちこちには
満足に食べることもできない人がいるのに、
日本ではどのくらいの食べ物が捨てられているのか?
きっと信じられない程の量がごみになっているだろう。

あたし自身も普段嫌いな物は食べずに残すから、
1日の食事を保証されていない人たちから見ると、
とてもぜいたくだと思う。

このページの先頭へ戻る