■豆知識情報:不動産屋が競合しているからこそ狙い目

■豆知識情報:不動産屋が競合しているからこそ狙い目



■豆知識情報:不動産屋が競合しているからこそ狙い目ブログ:17年05月15日


減量しながら、
筋肉をつけることって、とっても難しいんですよね。

でも、筋肉が落ちてしまうと、
太りやすい肉体になるので、要注意です!

減量をしていくと、
当たり前ですが、体重が減っていきます。

大抵の場合、体重が減ると、
脂肪と一緒に筋肉も減っていってしまうんです。

筋肉を落とさずに、体脂肪だけを減らせれば、
減量しながら
筋肉を維持していくことはできるでしょう。

でも、筋肉は、何もしなければ自然に落ちていきます。
筋肉を維持するためには、運動するしかありません。

鍛える筋肉を変えて、
連日運動するのが理想的です。
無理をしない範囲で運動しましょう。

さらに、筋肉をつけるには、たんぱく質も必要になります。
でも、ご飯からたんぱく質を摂取しようとすると、
相当な量の脂肪も同時に摂取してしまいます…

ですから、
減量しながら、筋肉をつけたい時には、
プロテインを摂取して、良質なたんぱく質だけを摂るようにしましょう。

ただ、
余分なプロテインは結局、脂肪に変わってしまいますから、
決められた量以上のプロテインは摂取しないように!

基本的には、減量している時は、
筋肉はついていきません。
なので、筋肉を維持していくことにポイントを置くようにしましょう。

より筋肉を付けていく時には、増量する時期を設けます。
多少は脂肪も戻りますが、筋肉をつけていくためには仕方ないのです。

ご飯をたくさん食べて、運動して、筋肉を増強していきます。
筋肉がついたら、その後に、
筋肉を維持しながら減量をしていき、
脂肪を落としていくという方向性になるわけです。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます~
■豆知識情報:不動産屋が競合しているからこそ狙い目

■豆知識情報:不動産屋が競合しているからこそ狙い目

★メニュー

■豆知識情報:賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意
■豆知識情報:最も大切なのは出せる家賃の設定
■豆知識情報:賃貸の家賃が時期によって高くなることもある
■豆知識情報:不動産屋が競合しているからこそ狙い目
■豆知識情報:初期費用として家賃の半年分程度は用意
■豆知識情報:礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しよう
■豆知識情報:引越しの2週間前に賃貸探し
■豆知識情報:偏った情報が掲載されている賃貸情報誌
■豆知識情報:管理物件を多数抱えている不動産屋
■豆知識情報:やっぱり賃貸探しで役立つのがインターネット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)私の憧れ賃貸物件♪賃貸生活情報