■豆知識情報:賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意

■豆知識情報:賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意


■豆知識情報:賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意
「この賃貸物件がイイ!だから上限賃料を増やそう!」という考え方は後々後悔をする典型的なパターンです。
一ヶ月の収入をよく計算して、上限賃料を上げるのは最終的な手段として考え賃貸物件探しをしていきましょう。 いわゆるおとり広告と呼ばれている広告を出し、一人でも多くの来店者を増やすことを不動産屋では行なっています。
おとり広告を確認して実際に店に訪ねてみると、「申し訳ございません。すでにその物件は契約されています」などと言ってくることでしょう。

もし不動産屋へ行くのでしたら、その前に不動産雑誌などに掲載されている物件が本当にあるのかを確認してからにしましょう。
そうすることでおとり広告に惑わされることもなくなるでしょう。実際に賃貸物件を探している人が、不動産屋まで来てもらわなければ不動産ビジネスは成り立ちません。
インターネットでいくら訪問者があっても店頭に来てもらえないと意味がないのです。




■豆知識情報:賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意ブログ:18年10月23日

「節約」が当たり前のように浸透している今日。
職場では弁当持参は当たり前。
独身男性でも手製の弁当を持参する姿も多いとか…

最近は、専業主婦でも「家弁」が流行っているという。
朝方の残りや、子ども達のお弁当の残りで自分の弁当も作り、
お昼時に自宅で食べる…

我が家でも、
あたしが弁当を作る機会が増えている。
子ども達のスポーツクラブのせいだ。

子ども達のクラブでは、
母のほとんどが仕事をしているので、
「臨機応変!楽できる時は楽しよう」がモットー。

公式戦の大会では
事前に弁当の注文を取り、業者に発注する。

しかし、
我が家の子ども達が入っているクラブは公式戦ではなく、
それ以外の交流戦も多いのだ。

交流戦の時は弁当持参が基本なので、
気づくとあたしは年中弁当を作っている…

それも子ども2人分に、
最近何を血迷ったかコーチになってしまった主人の分とあたしの分。
毎回合わせて4個!

あたしは弁当作りが苦手部門の1つ。
もともと細かい仕事が苦手なので、
色とりどりの美味しそうな弁当を作るという、
繊細なお仕事は、およそあたしの性格に合っていないのだ。

しかし、苦手などと言っていられないのも事実。
作らないで買って持参する人も中にはいるが…

我が家の場合、
500円の弁当だとして、×4人前で2000円。
交流戦が二日も続くとそれだけで4000円の出費。
…これは大きな出費!!
なんとしても避けなければ!

一週間ほど前、
「4人分の弁当作りが3日も続く!」と妹に愚痴ったところ、
「でもお姉ちゃんの場合、きっと根性で作るよね?」
さすが妹!あたしの性格を読んでいる。

■豆知識情報:賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意

■豆知識情報:賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意

★メニュー

■豆知識情報:賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意
■豆知識情報:最も大切なのは出せる家賃の設定
■豆知識情報:賃貸の家賃が時期によって高くなることもある
■豆知識情報:不動産屋が競合しているからこそ狙い目
■豆知識情報:初期費用として家賃の半年分程度は用意
■豆知識情報:礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しよう
■豆知識情報:引越しの2週間前に賃貸探し
■豆知識情報:偏った情報が掲載されている賃貸情報誌
■豆知識情報:管理物件を多数抱えている不動産屋
■豆知識情報:やっぱり賃貸探しで役立つのがインターネット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)私の憧れ賃貸物件♪賃貸生活情報