■豆知識情報:管理物件を多数抱えている不動産屋

あまりにも不動産屋の数が多く、どの不動産屋で賃貸物件の相談をしたら良いのか迷ってしまうことでしょう。
最初は大手の不動産屋に出向き、その他地域密着型の不動産屋などを併用してみると良いかもしれませんね。 例えばテレビや雑誌などで大きく宣伝をしている不動産屋をまずは利用してしまうかもしれません。
ただし必ずしも、大々的に宣伝をしているからといっても、100%信頼出来るとは限らないのです。

 

多くの大手不動産屋では、多くの宣伝費をかけていますので、その分家賃が高くなってしまうことがあります。
なのでそのことも考慮して不動産会社を選ぶようにしましょう。テレビコマーシャルや雑誌などで大々的に宣伝をしていて数多くの賃貸物件を抱えているのがいわゆる大手不動産屋です。
しかし中には、あまりにも物件が多いために一つ一つの賃貸物件を、管理することが出来ていない大手の不動産会社もあります。



■豆知識情報:管理物件を多数抱えている不動産屋ブログ:18年09月12日

この歳にして、
ボクはやっと両親から独立しました。

両親には、
高校卒業したら家を出るのが当然だと言われ続けて、10年あまり…
それにもめげず、面の皮厚く、
両親のスネをかじれるだけかじっていました。

ボクは自慢じゃないですが、
蛍光灯の取り替え方を知りませんでしたし、
それどころか照明器具自体、
どうやって取り付けるのか知りませんでした。

トイレットペーパーは
家にいつでもあるものだと信じて疑いませんでしたし、
同様にビールはいつでも冷蔵庫に入っているものだと…

そりゃ〜
一週間ぐらい母親が家を空けているときは、
料理や掃除ぐらいの家事は、困らないぐらいにやっていましたが、
それ以外、光熱費なんて考えた事無かったし、何も知りませんでした。

しかし、ひとり暮らし歴10年の
友達の部屋に遊びに行った時、
ズッシーンと思い知らされました。

「ボクって何も出来ないんだ…」

てきぱきとボクをもてなしてくれる友達が、
両親の有難さと、
「ひとり暮らしとは?」を切々と語ってくれたのです。

自分の無知さに恥ずかしくなり、
「これではいかん!」と、ボクは一念発起!

去年11月の末にひとり暮らしをすると決め、
物件探しでは胃が痛くなり、それにもめげず、
晴れて1月11日というゾロ目に引越しをしました。

けれど…

寂しいのです。
かなり強烈に寂しいのです。
引越ししてまだ、一ヶ月もたたないというのに…

現状、テレビも無く、PCも無く、
音の出るものといえば職場より拝借してきた、
壊れかけのMDデッキのみ…

今のボクの趣味は、ベランダに出て
隣近所のマンションの明かりのついた部屋を見つけること…

「あ、あそこ電気ついてる〜」
とボクはひとり、ベランダで呟いています。


このページの先頭へ戻る