■豆知識情報:賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意

「この賃貸物件がイイ!だから上限賃料を増やそう!」という考え方は後々後悔をする典型的なパターンです。
一ヶ月の収入をよく計算して、上限賃料を上げるのは最終的な手段として考え賃貸物件探しをしていきましょう。 いわゆるおとり広告と呼ばれている広告を出し、一人でも多くの来店者を増やすことを不動産屋では行なっています。
おとり広告を確認して実際に店に訪ねてみると、「申し訳ございません。すでにその物件は契約されています」などと言ってくることでしょう。

 

もし不動産屋へ行くのでしたら、その前に不動産雑誌などに掲載されている物件が本当にあるのかを確認してからにしましょう。
そうすることでおとり広告に惑わされることもなくなるでしょう。実際に賃貸物件を探している人が、不動産屋まで来てもらわなければ不動産ビジネスは成り立ちません。
インターネットでいくら訪問者があっても店頭に来てもらえないと意味がないのです。





リジンへ
リジンは
URL:https://www.suplinx.com/shop/e/elysine/


■豆知識情報:賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意ブログ:19年01月08日

置き換え減量とは、
24時間3食のうちの1〜2食を減量食品などに
置き換える減量法のことで、
24時間あたりの摂取カロリーを減らして痩せることを目的としており、
置き換える食事は夕食が一番効果的とされています。

「午前中食を抜く」「夕食を抜く」など
1食抜いてカロリーを減らす方法よりも健康的ですし、
空腹によって仕事や勉強などに支障が出ることも抑えることが出来ます。

置き換え減量が成功するかどうかのポイントは、
「通常摂取している食品を、どんな食品に置き換えるのか」
ということでしょう。

自分に向いている減量食品を選ぶことが、
置き換え減量を成功させるためのコツと言えるのです。

置き換え用食品には必要な栄養分がきちんと含まれているものなど、
体質に負担をかけることのないものを選ぶと安心です。

置き換え減量を誤った方法で実践すると、
栄養不足などによって便秘や肌荒れ、
健康被害を引き起こしてしまう恐れがあります。

置き換える食品のカロリーは、
1食分当たり50〜200kcalと低カロリーで満腹感が得られるものが多く、
現在、置き換え用食品として減量食品が数多く販売されています。

それらの中から選ぶ時には、
各商品の成分を必ずチェックすることが大切で、
減量で不足しがちなビタミンやミネラル、鉄分だけでなく、
食欲や吸収を抑制する成分が含まれているものもあります。

このように、置き換え減量は
手軽にカロリーコントロールができるのがメリットですが、
いくら置き換え用食品の栄養に気をつけていても、
残りの食事で偏食していて効果が現れませんよ。



このページの先頭へ戻る