■豆知識情報:賃貸の家賃が時期によって高くなることもある

いつでも気軽に引越しをすることが出来る賃貸というのは、一人暮らしの人だけではなくファミリータイプも多くなってきました。
最初は賃貸で生活をして貯金をしていき、最終的には一軒家を購入するという人生設計をしている人も多いのです。 例えば入学式や卒業式の時期に賃貸探しをしても、良い物件はどんどんと契約されてしまいます。
また、借り手が多くなっていることから家賃も高めに設定されてしまう場合もあり、家賃交渉にも応じない大家さんが多いようです。

 

不動産屋が暇な時期である梅雨からお盆にかけては、数多くの賃貸物件から探すことができます。
この時期に物件探しをすると大家さんの立場からすると、多少家賃を下げてでも、入居者を見つけたいということがあるので家賃交渉をしやすくなります。不動産屋に出向くとわかりますが、不動産業界にも忙しい時期と暇な時期があります。
当然のことながら入学や就職の準備があるために、年明け〜3月頃までが不動産会社にとっては繁忙期となります。



■豆知識情報:賃貸の家賃が時期によって高くなることもあるブログ:19年03月12日

「三日間で9kgやせた!」とか
「ひと月でモデル体型に!」という文字を見つけると、
つい試したくなってしまいますよね。
わたしも何度試したことか…

そのような話題になるダイエットの中で、
多くの人がやったことがあるのが
「単品ダイエット」ではないでしょうか?

「バナナダイエット」「りんごダイエット」
「こんにゃくダイエット」…などなど
あなたも、もしかすると1つくらい
挑戦したものがあったりしませんか?

単品ダイエットは、
「ある食品以外絶対食べない」というダイエット方法ですから、
栄養面から見ると体に悪そうというイメージはありますよね。

それでも、次々に新しい単品ダイエットが話題になるのは
なぜだかわかりますか?

それは、とにかく一時的にでも体重が落ちるため、
「ダイエットが成功した」と錯覚してしまうからなんですよね。

でもそれは、
「ダイエットが成功した」のではなく、
単に栄養失調になっているだけ!

生命を維持していく栄養が足りなくなってしまうため、
極端に言えば、命にもかかわりかねない、
非常に危険なダイエットなんじゃないでしょうか?

そこまで深刻な状態にならなかったとしても、
体は栄養失調状態となるため、
食べ物が少しでも入ってきたらすぐため込んでしまい、
リバウンドしてしまうのです。

しかもストレスもたまってしまうため、
体自体に異変を起こすことも考えられます。

このように単品ダイエットは危険なので、
できれば、やめておいた方が良いと、
わたしは思います。


このページの先頭へ戻る